日本人に中国語と韓国語がおすすめの理由

外国語学習

前回は「外国語を学ぶメリット」という記事を書きました。

今回はわたしが現在勉強している「中国語と韓国語」についてです。中国語と韓国語は外国語の中にも比較的日本人が習得しやすいものだとわたしは考えています。今日は中国語と韓国語を同時に学んでみて感じた日本人がこのふたつの言語を比較的はやくマスターできる理由、逆に難しいところを紹介します。

この記事はこういった人たちにぜひ読んでほしいです。

新しい言語を学んでみたい!
中国語、韓国語学んでみたいけど実際どうなの?

中国語、韓国語が日本人におすすめの理由

わたしは高校生の時から韓国語と中国語を学び始めました。大学は台湾の大学に進学し、専攻は韓国語です。2つの外国語を同時進行で学んでみて思ったことそれは、

中国語と韓国語は日本人には学びやすい!

ではなぜそう思ったのか理由を見ていきましょう。

漢字というバックグランドがあるから

日本語には漢字があり、日本人は基本的に漢字が読めます。中国語はご存知の通り全て漢字です。なので中国語が全くできない人でも文字を見ればなんとなくの意味は理解できます。例えば牛肉、中国語でも同じく牛肉と書きます。発音がわからなくても意味はわかりますよね?このように日本人は勉強せずとも文字を理解するだけならある程度はできちゃいます。漢字の概念が全くない国の人と比べれば日本人はかなり有利だということがわかりますね。

しかし漢字ができて得をするのは実は中国語だけではありません!韓国語も漢字ができたほうが確実に有利なんです!

韓国語の単語の仕組み

韓国語には韓国語でできている単語(고유어:固有語)と漢字からできている単語(한자어:漢字語)があります。例えば食べるという意味を表す動詞 먹다、これは漢字に直せないので固有語です。しかし約束を意味する 약속、これはもともとは漢字の「約束」で、これは漢字語です。このように韓国語には2種類の単語があります。

漢字語をいくつか覚えるとパターンが見えてきて知らない単語でも意味を推測できるようになります。例えば表情という韓国語は 표정 と書きます。この 표 は表という漢字で 정 は情という漢字です。ここから応用して표시は表示、우정は友情、と他の単語で出てきた時に意味を推測しやすくなります。もちろん韓国語は基本ハングルのみで漢字を書くことはありませんが、知ってるほうが覚えるのは断然楽です。

ではもう少し細かくこの2つの言語を比べてみましょう。

文法

中国語の文法はいたってシンプル!

中国語の基本的な文法は英語に似てます。しかも英語よりもっとシンプルです。まず英語のような時制がありません。一応「過去完了」や「近い未来」を表わす助動詞などはありますが、英語のようにはっきりとしたものはなく、時間は時間を表わす単語(昨日や明日など)でのみ表します。

例えば食べるという動詞を覚えるとしましょう。中国語で食べるは 吃 です。この 吃 は現在であろうが過去であろうが常に 吃 です。なので単語を覚えるときは 吃 さえ覚えれば使えます。

韓国語は動詞の変化が複雑

韓国語の文法は基本的には日本語とほぼ同じなので日本人にとってとても覚えやすいですが、それがゆえに韓国語は日本語と同じく時制がはっきりしています。韓国語で食べるは 먹다 ですが、この原型のみ覚えたところでなんの役にも立ちません。英語や日本語と同じように過去形やら未来形やら、更には敬語まで覚えなければなりません。初期の段階で一番苦戦するのはだいたいこの部分です。

また韓国語には日本語のように単純に 123 と数を数える数字以外にひとつふたつと個数を数える数字があります。日本語ではこれは9つまでしかないですが韓国語はなんと99まであり、また普通の数字と個数を数える数字の使い分けが日本語より複雑です。例えば時間を表わす際、韓国語は何時の部分はひとつふたつにあたる個数を数える数字を使い、何分何秒の部分は普通の数字を使います。反対に中国語はひとつふたつのようなものは 2-兩 のみで、あとは全て普通に 123 です。

自分主観の韓国語と動作主観の中国語

この2つの言語を勉強してみて1番おもしろいなと思ったこと、それは話すときの目線が異なることです。韓国語と日本語は自分主観で話すことが多く、中国語は動作主を中心に話すことが多いです。

例えば友達にプレゼントをもらったと言いたいとします。韓国語と日本語は「(わたしは)友達にプレゼントをもらった」と主語は自分で動詞は「もらった」と受け身になります。(韓:나는 친구한데 선물을 받았다)  しかし中国語は「友達がわたしにプレゼントをくれた」という言い方をするのが普通です。(中:我朋友送我禮物)「(わたしは)友達に英語を教えてもらった」は、中国語では「友達はわたしに英語を教えてくれた」という形になります。このように中国語は動作主を中心に話すことが多いです。

日本語や韓国語は主語を省略することが多いです。特に(わたしは)(あなたは)はほとんど言いませんよね?でも中国語は英語と同じように必ず主語を言います。故にこういう表現の差ができるとわたしは考えています。こういった違いがあるのってすごくおもしろいですね。

発音

中国語は発音が難しい

中国語を学習していて1番苦労したのは発音です。中国語の発音には5つの声調があります。そして1番厄介なのは英語や韓国語と違い文字を見ただけでは発音がわからないことです。英語や韓国語は文字自体が発音記号のようなものなので、多少アクセントなどの例外はあるものの基本的には文字を見て発音がわかります。しかし中国語は全て漢字です。発音はいちいち辞書などで調べなければわかりません。中国語を覚えるときは文字以外に発音も覚えなければならないので韓国語や英語より手間がかかります。

しかも発音が違うと全く通じないのも中国語の難しいところです。同じ音でも声調が違うだけで全く異なる意味になる音がたくさんあります。また日本語にはない発音もたくさんあります。よく中国語を知らない人は中国語は怒ってるように聞こえると言いますよね?あれは発音をしっかりしようとするとどうしても声が大きく激しくなってしまうが故です。中国語はある程度はっきりと正しい発音をしないと相手に通じないからです。台湾に来たばかりの頃は単語も発音も知ってるのに声に出すと相手に全然通じないということが多々ありました。

韓国語の発音は日本語に近い?

反対に韓国語の発音は中国語と比べれば日本語に近く日本人でもわりと発音しやすいと思います。また文字を見てそのまま発音がわかるので中国語より覚えやすいです。しかし日本語にない音、また発音のルールも意外とたくさんあるし複雑なので、とても簡単!とは言い切れないです。

読み書き話す

中国語は会話のテンポがはやい

中国語の大きな特徴は漢字なので少ない文字数で多くの情報を伝えられることです。例えばハリーポッターの小説、日本語や韓国語版と比べて中国語版ってページ数だいぶ少ないです。これは1文字に多くの情報を入れられる漢字で書かれているからです。例えばレポートを書くとして、中国語1000文字のレポートは日本語1500−2000文字ぐらいの情報量を入れられると個人的に思ってます。ゆえに会話のスピードも日本語や韓国語よりはやいなと感じます。ただ不思議なものでこのスピード感を掴めると言葉が無限に出てくるのも中国語の特徴だと思います。

韓国語は日本語に翻訳しやすい?

韓国語の文法は日本語とかなり近い、というか正直ほぼ同じです。なので翻訳はすごくしやすいです。中国語のように文章の順番が大きく変わることがほとんどないのでそのまま訳すだけで綺麗な日本語になります。韓国語で文章作成する場合も日本語モードで考えながら作成してもある程度は作れます。

しかし中国語は日本語モードで文章作成や日本語をそのまま翻訳するのは結構難しいです。単語は漢字なのでそれほど問題ありませんが、文章の順番がかなり違うので慣れないと難しいです。ゆっくり文章で翻訳するならまだしも口で同時通訳などは本当に訓練しないとかなり難しいです。4年以上台湾にいますが長い文章を書くのは今でも中国語より韓国語のほうが楽です。

スペルミスが起きない中国語

中国語は漢字のみです。なので漢字ができる日本人にとって中国語を書くという行為自体は日本語と異なる漢字以外はほぼ日本語を書いてることと変わりないので、漢字を忘れない限りケアレスミスということは起きないです。

しかし反対に韓国語はハングルなのでスペルミスが起きやすいです。単語をなんとなくぼんやりとしか覚えていないと小さな書きミスが起きてしまいます。

まとめ

それぞれ比較的取り組みやすいところ、難しいところありますが、やっぱり英語やフランス語といった日本語からかなり遠い言語と比べれば中国語と韓国語は日本人にとって学びやすい言語だと思います。なので「挑戦してみたい!」という方はぜひ1度試してみてほしいです。日本語と似ている部分、逆に全然違う部分、どちらもあっておもしろいです。

ただ言語も相性があります。数学が得意な人、国語が得意な人がいるように、外国語の中にも得意不得意があるとわたしは思ってます。外国語が得意!というより、あの言語はすんなり理解できたけど、あの言語はどう頑張ってもできないってあると思うんです。他にもどれだけ興味があるか、勉強する環境や目的など、いろいろな要素が絡んで得意不得意は分かれると思います。なのでいろいろ試してみて、どの言語が自分に合ってるか探してみるのもいいと思います。わたしはたまたま中国語と韓国語が自分に合ってたけど、英語は正直苦手だし、タイ語も挑戦したけど、難しすぎてすぐ諦めてしまいました^^;

「外国語を効率よく学ぶ方法」という記事も書いているのでよかったらぜひ参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました